毎日のイキイキをサポートする「桑の葉茶」を徹底リサーチ

HOME » 桑の葉茶にかんする基礎知識 » さまざまなタイプ

さまざまなタイプ

ティーパックタイプ、青汁タイプ、パウダータイプ、タブレット(サプリメント・錠剤)タイプなど、桑の葉茶(マルベリーティー)商品の製造法の違いやそれぞれのメリットをご紹介します。

くらべてわかる!製造法の違いによるメリット

市販の桑の葉茶には、さまざまなタイプがあります。ご自分にあったタイプを探してみてくださいね。

ティーパックタイプ

紅茶のように使いきりのパックに入れられている桑葉茶で、製造方法も一般的なお茶と似ています。
例えば、トヨタマ健康食品の「桑の葉茶」は、栄養価と風味を閉じ込めるため荒茶の状態で加工されているのが特徴。
ちなみに荒茶とは、茶葉が大きいまま刻まれておらず、ブレンドが全くされていない、茶畑で採れたままのお茶のことです。このサイトのなかでは、トヨタマ健康食品の桑の葉茶がこれにあたります。

食後など、お茶のように味を楽しみながら飲めます。

パウダータイプ

桑の葉を丸ごと粉砕し、よりダイレクトに丸ごと摂り入れることのできる製品で、製茶と同様に桑を荒茶の状態にし、それを粉末加工したもの。
顆粒状になっていてそのままでも飲みやすく、抹茶のように牛乳に混ぜたりしても美味しく飲めます。味は抹茶に近いかもしれません。

桑葉の成分を余すことなく摂れます。

青汁タイプ 

桑茶のパウダータイプには「青汁」という名称が付けられていることもあります。
水に溶かせばそのまま青汁になるためなのですが、桑葉以外にも抹茶が加えられ、飲みやすくブレンドされている製品もあります。

桑葉の成分を丸ごと摂取できますが、ブレンドされている場合は栄養価がパウダータイプよりやや劣る場合もあります。

タブレット(サプリメント・錠剤)

桑葉の粉末や桑葉エキスを固め、手軽に飲めるタブレット状にしたものです。
パウダーや青汁が苦手という方、簡単に桑葉茶の成分を摂取したいという人にオススメ。

 
美容と健康に!桑の葉茶ナビ